宣伝ジャーナル┃横断幕やフライヤー印刷は視認性がカギ

印刷機

宣伝する車

宣伝に工夫を見せる

チラシ

最近は、宣伝を行う場合には多くの選択肢を選べる時代になっているのではないだろうか。やはり、ネットワーク環境を使っての宣伝に利便性や効率的なものを感じてしまうかもしれない。しかし、自然と宣伝に触れることでより印象に残るものが、やはり効果的であるのではないだろうか。そこで利用されるのが、宣伝カーという選択肢である。宣伝カーにもいろいろな種類がありスピーカーで何かを告知して回るものやトラックの大きなスペースに広告を貼りつけ街中を巡回するものがあるようだ。その宣伝カーには、時間やエリアなどターゲットとされる人や世代がふれることができるよう、効率的なスケジュールを組んで宣伝を行う工夫がなされているようだ。

宣伝カーの特徴は

街中を巡回するような宣伝カーだが、一体どのような用途で使用されているのだろうか。こういった宣伝カーを利用するのは、主に飲食店や店などの新装オープンやイベントの告知、アーティストや芸能人などの宣伝、新発売の商品の宣伝などに利用されることが多いようである。そういった、宣伝カーを見かけることで、やはりテンションが上がる傾向にあるようだ。そういったことから宣伝カーでは、人の目を引く視覚的効果や大音量でのアピールによる聴覚的効果といったものにより、大きなインパクトを与えることができるのである。また、宣伝スペースをもつトラックに関しても10メートルサイズの大型トラックから比較的低額で行える小さなトラックの宣伝カーが用意されている。