宣伝ジャーナル┃横断幕やフライヤー印刷は視認性がカギ

印刷

手軽な広告

インディーズ業界で普及

印刷機

インターネットの普及により、商品広告や各種イベントの告知などは今やそのほとんどがオンライン経由で行われるようになっていますが、昔ながらの広告媒体の中にも積極的に活用され続けているものがあります。その1つにフライヤーがあります。 フライヤーは小さな1枚ものの印刷物で、サイズに明確な規定はありませんが一般に流通しているものはだいたいハガキ大からA6サイズの間です。 もともとフライヤーは単なる「小ぶりなチラシ」という存在でしかありませんでしたが、それが変化したのは20世紀の終わり頃です。主に独立系のアーティストやクリエイターたちがライブや展覧会等の告知のために自らフライヤー印刷を行うようになって注目を集め、認知度が増すようになったのです。

荷物にならない大きさ

こうした歴史的経緯を持つことから、フライヤーによる広告宣伝は小規模な事業者や商店主などの間で人気があります。もちろんそれには実利的な理由もあります。 その1つは、サイズが小さい分印刷コストが安くて済むということです。非常に安価な料金でフライヤー印刷を手がける業者が多数存在します。また、家庭用プリンターを作って自らフライヤー印刷を行うのも比較的容易です。 また、扱いやすさも人気の理由です。店頭などに平積みしてもスペースをとりませんし、ポスティングにも適しています。受け取る側も折りたたまずに鞄に入れられるため、視認性が高まります。 もともとアーティストたちが自作していたこともあって、フライヤーには凝ったデザインのものが少なくありません。専門業者であれば、デザイン性の高いフライヤー印刷に関するスキルを持っています。

宣伝する車

チラシ

宣伝カーを利用して宣伝を行うことは、直接的に人の視覚や聴覚に印象付けることができ効果的な統計結果が出ているようだ。宣伝カーは、宣伝するエリアや人の流れを踏まえたうえで、巡回エリアを絞っているらしいのだ。

詳しくはコチラ

オススメサイト

  • 埼玉ロジスティックス

    料金プランも充実しているのでおすすめですよ。埼玉でチラシ配布を検討しているのであればサイトを拝見しよう!
  • セリアート株式会社

    のぼりなら製作した方がいいですよ。好きな言葉やチーム名、日にちなどを書くことができるので、パワー倍増します!

チラシを多く配る

チラシ

優れた商材を開発する事が出来ても、一般人に認知されていなければ利益に結びつきません。だからチラシを使った広報活動は昔から人気です。最近ではデザインが凝っているチラシも登場しているため、広報を外部業者に任せる方が効果的であるという意見もあります。

詳しくはコチラ

古くて新しい横断幕

インク

横断幕はスポーツ観戦の際の応援グッズとしておなじみですが、商業施設やイベント会場などさまざまな場所で多様な用途を持っています。また製作技術の進歩により色や素材も多様化する傾向にあり、さまざまなデザインが可能になっています。

詳しくはコチラ

チラシとフライヤー

フライヤーとチラシ、配布の仕方に違いがあります。新聞の折り込みになるチラシとは違い、フライヤーはお店に置かれるもので、フライヤー印刷はその用途にあったようにしないといけません。

詳しくはコチラ